• トップ
  • 講習会・イベント
  • ウェブシンポジウム「新型コロナウイルス(COVID-19)等感染症に対する空調換気の現状・課題と医療施設最前線」を開催します

ウェブシンポジウム
「新型コロナウイルス(COVID-19)等感染症に対する
空調換気の現状・課題と医療施設最前線」
を開催します

2020/10/06
イベント 北海道 東北 関東 北陸 中部 近畿 中国 四国 九州 沖縄

ウェブシンポジウム概要

(一社)公共建築協会 公共建築研究所では、2020(令和2)年12月11日(金)の午後1時30分から、
「新型コロナウイルス(COVID-19)等感染症に対する空調換気の現状・課題と医療施設最前線」と題したウェブシンポジウムを開催します。

 

新型コロナウイルス感染症との共存が常態化しつつある中、Withコロナ、Afterコロナ、Nextコロナといったことを目に、耳にするようになりました。そして、「3つの密の回避」をはじめとして今後の生活のあり方が色々と議論されています。
このような状況において、建築設備にはどのような課題がありどのように対応していくべきなのか、また、オフィスや住宅といった日常生活を送る空間において、空調や換気がどのようになっており、新型コロナウイルスにどう対処するか、さらに医療施設ではハード・ソフトの両面からどのような対策で感染症との闘いに立ち向かっているのかについて3名の専門家の方々からお話を伺い、課題を共有し今後の方向性について考えます。

 

シンポジウムの内容は以下のとおりです。

 

講演

「Withコロナ、Afterコロナでの建築設備エネルギーシステムの課題」
(奥宮 正哉・名古屋大学名誉教授)

 

「設備設計者から見た新型コロナウイルス対策」
(宮坂 裕美子・株式会社日建設計 エンジニアリング部門 設備設計グループ ダイレクター)

 

「医療施設の環境とCOVID-19」(筧 淳夫・工学院大学建築学部教授)

 

質疑回答・ディスカッション

 

(司会:時田 繁・(一社)公共建築協会 公共建築研究所長)

 

開催日時:2020(令和2)年12月11日(金)午後1時30分~午後4時(開場:午後1時)

 

参加料:無料

 

定員:300名(お申し込み先着順)

 

お申し込み方法:ウェブサイトからのお申し込み

お申し込み用ウェブサイトは開設次第、ホームページにてお知らせいたします。

 

主催:(一社)公共建築協会