お申込みから業務カルテ情報登録までの流れ

■お申込みから確認願(業務カルテ情報)作成までの流れ

 

Step1 利用を申込む

 

「利用を申込む」ボタンをクリックし、新規申込み用入力フォームに入力してください。

(業務受託)企業名・フリガナは登録する案件の契約企業名の、それ以外は申請企業の情報を入力します。なお、企業名、プロジェクト名は、PUBDISの仕様で、全角スペースなしの設定となっています。

 

Step2 パスワードを受取る

 

申込み時にご入力いただいたメールアドレスにパスワード通知用のメールPUBDIS新規申込手続完了通知 をお送りします。

メールの記載に従いパスワード通知書をダウンロードしてください。通知書にはログインID(会社コード)とパスワードが記載されています。登録完了まで大切に保管するようお願いします。

 

Step3 利用を開始する

 

「ログインする」ボタンより、ログインID(会社コード)、パスワードを利用しPUBDISにログインしてください。

【パスワードの有効期限について】

限定登録でのご利用の場合、登録までの1カ月程度ご利用いただけますが、「海外インフラプロジェクト技術者認定・表彰制度」でご利用の場合に限り、年度末2022/3/31までとします。

 

Step4 業務カルテ情報を作成する

 

ログイン後、①事務所情報登録、②自社技術者情報登録を入力し、次に③-1業務カルテ情報登録の「 下書きの確認・変更・申請」ボタンから業務カルテ情報を作成してください。お申込みいただいた際のプロジェクト名で、業務カルテ情報の下書きのファイルができています。作成については簡易マニュアル(海プロ用)、操作マニュアル(入力システム編)をご覧ください。

 

Step5 応募書類を提出する

 

「発注者確認用業務カルテ出力」ボタンで業務カルテ情報の下書きを出力し、「海外インフラプロジェクト技術者認定・表彰制度」応募の際の確認願(業務カルテ情報)としてご利用ください。

書類提出後、国土交通省で審査を行います。

国土交通省で審査の結果、認定されましたらPUBDISへの登録申請を行います。

■業務カルテ登録までの流れ

 

Step6 発注者(国土交通省)の確認をもらう

 

認定後、確認願(業務カルテ情報)に国土交通省担当者の確認(サイン)をしたものを受取ってください。

 

Step7 PUBDISの登録申請をする

 

PUBDIS内の業務カルテ情報下書きページより、発注者確認済業務カルテ情報(PDF)を添付し、登録申請を行ってください。

 

Step8 PUBDIS受領書(登録完了)をうけとる

 

登録が完了したら公共建築設計者情報センターより受領書メールが届きます。メールの記載に従い受領書をダウンロードし、1部は申請者で保管し、国土交通省に1部ご提出ください。

 

Step9 登録料を支払う

 

登録後、公共建築設計者情報センターより登録料の請求書をお送りしますのでお支払いください。