公共建築工事品質確保技術者登録更新手続について

2022年度更新手続について

 公共建築工事品質確保技術者(Ⅰ)及び(Ⅱ)登録の有効期限は、受験年度の翌年4月1日から起算して3か年度となっており、継続を希望する場合には、更新の手続を行う必要があります。2022年度の資格登録更新対象者は、次のとおりです。対象者には手続書類を郵送いたします。

①2019年度試験の合格者で、登録申請手続をすませた者。

(2023年3月31日に登録有効期間が満了する者。)

品確技術者(Ⅰ)対象者 登録番号 第191001号 ~第191011号

品確技術者(Ⅱ)対象者 登録番号 第192001号 ~第192015号

 

②2016年度試験の合格者で、登録申請手続をすませた上で2019年度又は2020年度に更新手続を行った者。

(2023年3月31日に登録有効期間が満了する者。)

品確技術者(Ⅰ)対象者 登録番号 第161001号 ~第161012号

品確技術者(Ⅱ) 対象者  登録番号 第162001号 ~第162002号

 

③2013年度試験の合格者で、登録申請をすませた上で2016年度又は2017年度に更新手続を行い(1回目更新)、かつ2019年度又は2020年度に更新手続(2回目更新)を行った者。

(2023年3月31日に登録有効期間が満了する者)

品確技術者(Ⅰ)対象者 登録番号  第131001号 ~ 第131029号

品確技術者(Ⅱ)  対象者  登録番号 第1322002号 ~ 第132021号

 

④2010年度試験の合格者で、登録申請をすませた上で2013年度又は2014年度に更新手続を行い(1回目更新)、2016年度又は2017年度に更新手続を行い(2回目更新)、かつ2019年度又は2020年度に更新手続を行った者

(2023年3月31日に登録有効期間が満了する者)

品確技術者(Ⅰ)対象者 登録番号 第101001号~第101047号

品確技術者(Ⅱ)対象者 登録番号 第102002号~第102008号

 

なお、2021年度の更新手続を行わずに、2022年3月31日に登録有効期間が満了した者についても、本年度の更新講習を受講し更新手続を行うことにより、登録の抹消を取り消し、再登録することができます。

手続書類

①公共建築工事品質確保技術者(Ⅰ)・(Ⅱ) 2022年度 登録更新の手引き‐講習受講案内

PDF 

②公共建築工事品質確保技術者(Ⅰ)・(Ⅱ) 2022年度 登録更新申請兼受講申込書

PDF  / EXCEL )

③[提出用]公共建築工事品質確保にかかる発注者支援協力調査票

(EXCEL)

※ 各項目をクリックするとファイルをダウンロードできます。

※ 講習会場及び日時は上記①に記載しました。

更新講習対象者【個別講習】希望者受講報告書

公共建築工事品質確保技術者2022(令和4)年度登録更新講習 受講報告書

Word

(お願い)

登録更新しない場合は、以下の理由書にご記入して頂き、事務局へメールで回答して頂けますようよろしくお願い致します。

あてさき:事業企画部(資格試験担当) E-nail    shiken@pba.or.jp

理由書(EXCEL)