TOP > 公共建築賞 > 第15回公共建築賞

第15回 公共建築賞


スケジュール
     記者発表資料     応募要領・応募用紙


賞の特徴

本賞は、竣工後3年以上を経過した建物を対象とすることが特徴です。
設計施工の優秀性のみならず、実際に運用・活用される中で、
地域社会への貢献や文化性、施設の使い方、省エネルギー、耐久性・耐用性、
メンテナンスのしやすさなどについても評価の対象とし、
長く価値ある公共建築であることを評価するものです。

賞の種類

 公共建築賞 (国土交通大臣表彰)
  行政施設部門、文化施設部門及び生活施設部門の部門ごとに、
  総合的に最も優れた建築物各1点

 公共建築賞・特別賞 (国土交通省大臣官房官庁営繕部長表彰)
  特に優れた特徴をもつ建築物2点内外

    公共建築賞、公共建築賞・特別賞が決定いたしました(平成28年10月19日) 
     優秀賞リスト

 優秀賞 (公共建築協会会長表彰)
  優れた建築物30点内外

    優秀賞30点が決定いたしました(平成28年4月12日)
      優秀賞リスト
 

対象建築物

平成20年4月~平成24年3月の間に竣工したもの。
※ 「公共建築ニュース6月号」12頁において、平成20年4月~平成23年3月とあるのは誤りです。
お詫びして訂正します。


★ 『公共建築』211号特集 公共建築賞作品集の作品ごとのページがご覧いただけます ★
  作品集ページへ