TOP > 公共建築研究所 > 公共建築物アーカイブ
 

公共建築物アーカイブ
公共建築研究所の自主調査・研究事業の一つとして、「公共建築物アーカイブ」の構築を行う。
機関誌「公共建築」に年1回(4月号)掲載されている「公共建築INDEX」をアーカイブ化したものである。今後も1年ごとにデータを蓄積して充実させていく。

「公共建築物アーカイブ」の内容
この「公共建築INDEX」は「当該前年の国内発行の建築雑誌等6誌(新建築、日経アーキテクチャー、近代建築、建築画報、公共建築、公共建築ニュース)に掲載された作品のうち、公共建築の主要なものを、機関誌「公共建築」編集事務局がピックアップし、用途別に編集したインデックスである。用途別分類に関して、複合用途のものは、主な用途と思われる項目に分類してある。

これまでに掲載した分類、建物名称、所在地(雑誌に掲載されていたもの)、雑誌掲載時の延床面積にかかるリストを掲載する。
また、各建物について、訪問等行い、調査をした場合には、順次、データを追加していく。また、ここに、検索方法の事例を紹介し、リストから、インターネット上の施設情報にアクセス方法を紹介します。

機関誌 公共建築 2013年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2012年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2011年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2010年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2009年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2008年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2007年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2006年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2005年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2004年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2003年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2002年4月号に掲載された建物リスト

 

機関誌 公共建築 2001年4月号に掲載された建物リスト

 

その他 公共建築撮影写真など























個人情報保護方針
公共建築研究所は、
お客様の個人情報について、遺漏のないよう善良に管理するため、次のような取扱いを実施いたします。 公共建築研究所では、調査業務の調査票や各種申込書等において、 お客様に個人情報の記入をお願いすることがございます。 その場合、あらかじめ利用目的をお知らせし、その利用目的の範囲内で限定して利用いたします。 お客様にご記入いただいた調査票等の個人情報は、公共建築研究所において適切な管理を致します。
なお、ご本人の同意を得ないで、個人データを第三者に開示・提供することは致しません。 お客様が自己の個人情報を、照会、訂正、抹消等、希望される場合は、公共建築研究所までご連絡いただければ調査の上対応いたします。
公共建築研究所は、個人情報をいただいたお客様にサービス等の情報を電子メールまたは、 郵送にて送付することがあります。お客様の申し出により、送信または送付を中止いたします。
公共建築研究所は、本基本方針及び関係法令等を遵守するとともに、個人情報の保護については、 必要に応じて改善につとめてまいります。


情報セキュリティー方針
公共建築研究所は、
「公共建築の整備・保全に携わった豊富な経験を有する専門家の協力により、
公共建築に関する調査・研究及び教育普及活動
並びに一般市民・企業・団体等を対象に公共建築を始めとして、
広く建築一般及び関連する安全及び環境に関する方策・技術等の支援を行い、
健全な建築ストックの維持・成長に貢献するとともに、
国際協力等の公益の増進に寄与し、
併せて市民の日常生活を豊かにするための情報提供を行うこと」
を主たる目的としています。

公共建築研究所は、お客様及び当研究所の情報資産を守ることを目的とし、
「情報セキュリティー基本方針」を定め、実践します。
公共建築研究所は、情報セキュリティー管理体制を確立し、情報資産の適切な管理に努めます。
公共建築研究所は、組織的・技術的方策を整え、情報資産に対する脅威からの防御に努めます。
情報資産にセキュリティー上の問題が発生した場合、
原因の迅速な解明を図り被害範囲を最小限にとどめるように努めます。
また、再発防止に努めます。
情報セキュリティー対策の遵守状況確認のため、定期的に監査を実施します。
公共建築研究所は、情報セキュリティーの重要性を認知し、
この「情報セキュリティー基本方針」を遵守します。


公共建築研究所の最初に戻る