TOP > 資格者制度

公共建築工事品質確保技術者
の資格制度について

 

公共建築工事の特性について

 
 公共建築を始めとする建設生産の特質は、工事場所、仕様、その他生産条件が現場ごとに異なることから一つとして同じものはないという特徴を持っています。

 また、公共建築工事は、その目的物が使用されて初めてその品質が確認できるという性格を持ち、その品質は設計者や施工者の技術的能力に負うところが大きいという特徴があります。


公共建築工事を取り巻く社会情勢について

 
 建設業を取り巻く状況は、平成4年度の84兆円をピークとして建設投資の急激な減少や受注競争の激化により、いわゆるダンピング受注などが生じるとともに、建設企業の疲弊、下請企業へのしわ寄せ、現場の技能労働者等の就労環境の悪化に伴う若手入職者の減少、さらには、事故や手抜き工事の発生による公共工事の品質低下への懸念が顕著となっていました。

 このような状況を背景に、「公共工事の品質確保の促進に関する法律(平成17 年法律第18号)」(以下「品確法」という。)は、公共工事の品質確保に関し、基本理念を定め、国等の責務を明らかにするとともに、公共工事の品質確保の促進に関する基本的事項を定めることにより、公共工事の品質確保の促進を図り、もって国民の福祉の向上及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的として制定され、平成17年4月1日より施行されました。


公共建築工事品質確保技術者について


 一般社団法人公共建築協会は、品確法第7条及び第21条に基づき発注関係事務を適切に実施することができる者が育成されることを目的として、「公共建築工事品質確保技術者資格制度」(民間資格)を創設し、平成22年度より運用を開始したところです。 建設業は、2011年3月11日に発生した東日本大震災に係る復興事業や防災・減災、老朽化対策、耐震化、インフラの維持管理などの担い手として、その果たすべき役割はますます増大しています。 しかしながら、今後、公共工事の品質確保とその担い手の中長期的な育成及び確保に大きな懸念が生じています。 既に地域においては、災害対応を含む地域の維持管理を担う建設業者が不足し、地域の安全・安心の維持に支障が生じるおそれがあることへの懸念が指摘されています。 

 また、公共工事の発注者側においても、発注関係事務に携わる職員が年々減少し、一部の発注者においては、発注関係事務を適切に実施することが難しくなっている状況も見受けられます。
 これらを踏まえ、現在及び将来にわたる建設工事の適正な施工及び品質の確保と、その担い手の中長期的な育成・確保を図るため、密接に関連する「建設業法(昭和24年法律第100号)」及び「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(平成12年法律第127号)」とともに、平成26年6月4日に公共工事の品質確保の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第56号)が公布、施行されました。


公共建築工事品質確保技術者資格試験・更新講習ほかについて



 平成29年度の公共建築工事品質確保技術者資格試験について、掲載いたしました。



    公共建築工事品質確保技術者資格試験合格者の登録手続きについて

    平成29年度公共建築工事品質確保技術者資格試験について

    平成29年度の更新講習

    平成29年度資格試験合格者番号

    平成29年4月1日現在の登録状況

    本資格制度の活用状況

    登録事項の変更、資格登録証の再発行